私の大好物、母が作る郷土料理について

私が好きな食べ物は、母が作る郷土料理です。私は栃木県出身で、子供のころから郷土料理の「しもつかれ」という食べ物が大好物でした。「しもつかれ」は鮭の頭を丸ごと使ったものに鬼おろしで大根や人参をおろしたものなどに酒粕を入れて圧力鍋で煮込んだ食べ物です。家庭により味付けが異なり、しょっぱいもの、甘いもの、味が薄いものなど、家庭の味が出るのが、「しもつかれ」の特徴でもあります。小学校や中学校の給食にも出ることがあって、家庭の味に慣れている子供は、給食にでるしもつかれを食べられないことが多く、いつも大量に残されていることがありました。そして、酒粕が入っているため、あまり子供には好まれないことが多く、見た目もあまりよいものでは無いため、栃木県民とはいえ食べられないひとが多いです。しかし私は、母が作るしもつかれが大好物であり、正月に実家に帰った時くらいしか食べる機会もなく(作っていない時もあるので、あらかじめ頼んでおかないと無い場合もある)、私にとって特別な時にしか食べられない、とてもレアな食べ物です。今度実家に帰ったらレシピを教えて貰い、自分でも作れるようになりたいと思います。私がいま一番食べたい食べ物は、絶対にしもつかれ一択です。マッチアラームで出会いを求めたいです。

歩いていてきれいな花に出会う時が幸せです

散歩をしていて、きれいな草花に出会う時、心から幸せだなと感じます。
普段、花を見に庭園を訪れることもあるくらいに、もともと花が大好きです。
今は時間がなくて、自宅で花を育てることはできず、もっぱら家では切り花を買って楽しんでいますが、
日本は幸いに四季があるので、どの季節にも花を楽しむことができます。
意外なことに、美しいのは野草です。
人工的に作られた要素がないため、色が鮮やかで、そのままブローチにしたくなるような可憐な形があります。
さて、実は、「野の花のような人」これは私の長年の憧れです。
誰に振り向かれることもないかもしれない。
拍手をもらうこともないかもしれない。
しかし、季節がくると、咲いている。
たぶん、目的はただ、ひとつ。
そうです、季節がきたからです。
それからもう一つ、私が好きなのが、詠み人知らずの歌。
花の話とは分野が違ってしまいますが、
詠み人知らずの歌というものが日本には昔からあります。
誰が詠んだ歌なのかで、その歌の価値が決まってしまうこともありますよね。
例えば公園の記念碑に、歴史的に名を馳せた人物の歌が、その人物の名前と共に刻まれていたり。
しかし、そうではなくて、歌そのものが人の心を揺さぶり、何年も読み継がれる。
なんだか私は、この「詠み人知らず」が、とても好きなのです。
散歩をしながら道端の草花を見ていると、どういうわけだか、こんなことにまで、
思いを馳せてしまうのです。
それはやはり、花の美しさが、見る人の心を伸びやかに解放するからだと思います。マッチブックの口コミが気になりました。

この出会いは運命かもしれない?

私と夫との出会いは、今から約5年前のある某PCオンラインゲームでした。
そのゲームは対人戦もあり、ギルドと言うグループに所属して対人するシステムです。ギルド同士同盟を組みさらなる戦力を高め上を目指すこともできます。
夫は始め私のギルドの同盟先に入ってきました。
ゲーム内でチャットで会話もしますが、私たちは音声チャットを主としてゲームしています。どこに住んでいるか全くどんな人なのかわからない人とディスプレイ越しといえど話す訳ですから最初はやはり抵抗あり、出会い系と勘違いされている方も少数ですがいるわけですが。
私やギルドの方々は当たり前の様に話し、狩やレベル上げをして遊んでいました。
最初彼の声を聞いたときはチャラい感じで話し方が馴れ馴れしく、彼の印象はゲーム以外はあまり生活感をあまり感じさせない謎の人でした。当時の私は恋愛に傷つき男性不信になっていたので、そんな状態の私に彼は親しく話しかけてくれるのですが、わたしはもう警戒Max。色々と個人で狩やレベル上げのお誘いをしてくれても、私はギルド主催以外は断っていました。彼のお誘いは他の人にもしているわけで、そんなに警戒しなくてもと今は思うのですが、当時の私は相当だめだったんでしょうね…。私の中で彼は苦手タイプに入っていました。
後から彼に聞くと、私の態度は目に見えてわかったみたいで、これ以上悪くならないように彼なりに気を使ってくれたみたいです。ほんと夫にはひどい態度をしてしまい心から申し訳ない…。
さて話は戻しますが、彼はいつの間にか私のギルドに転属しまして、そこからは同じギルドメンバーとして渋々遊ぶようになりました。
しかし、ギルドメンバー以外の意識はお互い全くなくそれから2年ほどはずっとゲーム内のみの付き合いでした。
日にちが経つにつれて、私自身も彼への警戒心は薄れ苦手タイプには変わりませんでしたが、彼と狩にいったりするようになっていました。
関係が変わったのは今から3年前。
きっかけは私の父の突然の死でした。ギルドメンバーに簡単に父の死と当分ゲームできないとだけ伝え、受け入れられない現実と、父が突然いなくなってしまった悲しみ。
チャットに書き込んだ後、パソコンの前で泣いていたのを覚えてます。なんか私や私の家族だけ現実から取り残されたような、時間が止まってしまったような感覚。
本当は夢だろうって思ってしまうほど、ぽっかり穴が空いたような感じでした。
そんななか、ふとチャットをみるとギルドメンバーのグループ以外に何か個人でチャットされているものがあり確認しました。
すると、それは彼からでした。
”もどってくるのまってるよ!落ち着いたらまた一緒に狩にいこう。精神的に辛くなったらバカ会話楽しもうね”
普段はあまり感情は表にださず、クールで冷たいゲーム以外はあまり興味なさそうなイメージがあった彼なので、まさか彼から励ましのチャットがくるとおもっていませんでした。
でも、大切な家族を失って悲しみに明け暮れてた私には心に染みる言葉でもありました。
辛いときとか泣きたくなったときはチャットでバカ会話して忘れちゃえばいいんだって。私は一人じゃないんだってすごく気持ち的に助けられました。
それから落ち着き、ゲームに戻ったときは前と変わらず接してくれる彼に心惹かれていき、私が猛アタックした結果付き合ってくれることになり、それから4カ月後は入籍。
今彼と娘と3人でくらしています。
相変わらずゲームは続けていますよ。脱毛石鹸を実際に使った人の口コミは?

冷蔵庫に沢山の食品があると幸せ

私はものを貯蔵するのが昔から好きで、冷凍食品や賞味期限の長い食品やカップラーメンなどが沢山家にある状態がとても幸せに感じます。
戌年だからだなどと茶化されたりするのですが、わりと戌年の人にそのような傾向が多いらしいです。
最近ちょっと物入りでお金が底をつきそうになったので、貯蔵する余裕がなく冷蔵庫がからになり、カップラーメンもドンドンなくなり、カップラーメンを買い置きしてある戸棚が空になりかけてとても不安になってしまいました。
そんな時に私の状況を知ってか知らずか家に来た彼女が沢山のビールや食品を持ってやってきました。
彼女が持ってきた袋いっぱいのビールをまず冷蔵庫にしまい冷蔵庫の上の段がいっぱいになりました。もう私はその時点で幸せでたまりませんでした。
しかし、持っていてものはまだまだあります。次は下の段に背の高い飲み物を横に詰め、扉の部分にも飲み物を詰め中断には箱の封の開けていないビールの6本パックを入れ冷蔵庫はすべての段にまんべんなく入った状態で幸せいっぱいになりました。
冷凍庫にはアイスを入れ、その他の食品は戸棚に詰めました。
食品がいっぱいあることがすごく嬉しく、あー何かあってもコレがあれば何日かは生きれるとニヤニヤしながら冷蔵庫の中身を見てしまいます。冷蔵庫の中や戸棚の中に食品がいっぱいあって、それを何となく見てニヤニヤしている時間がとても幸せです。その状況を他人に見られたらとても恥ずかしいですが、家に一人の時はついつい幸せを感じながら冷蔵庫を覗いては幸せを感じています。婚活サイトのランキング

育児の大変さがわかった一瞬と今後の企てについて夫婦で考える

ひとり暮しで商売で勤めるときは、お客顧客の職より、自分が好きな娘と係わる保育士の職が羨ましく思えて、著しく楽そうに見えていたのが正直なところでした。月収も悪いらしきし、そこまで重たくなく面白く頑張れるのかな?と思っていました。
でも商売の職を辞めて嫁入りし、娘が要る昨今、それは困難誤りだったということを知りました。
日帰りの間ずっと娘の顧客をできるしんどさ、眠れない辛さ、自分のスパンがまったく乏しいストレス、本当に心構えが崩壊する崖っぷちでした。
なんとか幼稚園や保育園にいれるまではがんばらないと、とデイリー必死の思いで育ててきました。
41箇月から娘が幼稚園へ伺うようになり、少しだけど自分のスパンができ、日帰りのの間で自分のスパンを有する所作の大切さ、眠りの責任を改めて感じました。

今まで楽だろうと思っていた幼稚園保育園の師範らの職、1人間でも娘を育て上げるのは困難のに、もっと多くの人数を課題装いていらっしゃる師範ら。本当に素晴らしい。
幼稚園の師範らが、女神にみえるくらい、ぼくは心に空白をもって、毎日を過ごせるようになりました。
師範らには、デイリー安心の気持ちでいっぱいだ。

娘は1人間で育てられない所作、周りの協力があって初めて成り立つ所作、女性になって、色々なことを今でも学校させられている。http://cafe-heavens.com/